スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しい時

芸術はタイミングだ。
ミスチルのoverを聞き、細野不二彦のママを読んで思った。

失恋後に聞きたい曲第1位(オリコン調べ)とは知っていたが、確かにこれはヤバ過ぎる。
いい曲だとは思っていたものの、ここまでだとは知らなかった。
今回は涙が止まらない程度だったが、もし前回の失恋直後に聞いていたら骨髄とかも流れ出ていただろう。


そして、ママだ。

細野不二彦の他の漫画はあまり知らず、ギャラリーフェイクをちょっと読んだ程度。
あと、電波の城も少し読んだかな。
どちらも面白いと思うが、ママの興奮には到底かなわない。
ママはもっと評価されてもいいはずだ。

これまた、こんなに面白くて涙が止まらない名作だとは知らなかった。
最初に読んだ時の評価が低いのは、間違いなくK部さんのせいだ。

(以下、超、超、ちょ~うネタバレだから、ママ読んでない人は絶対読まないように!!
 本当に恋愛漫画史上に残る名作なので是非読んでください。全9巻。)


部室で漫画ブームが起こった頃の話だ。
その夜はママのクライマックスの辺りを読んでいた。
全9巻のうち、ちょうど8巻を読み終え、
「さ、最後どうなるんだ!?」
興奮を抑えきれず、ラスト9巻まっしぐら!!

ちょうどそんな折に、K部さんが部室にいらした。

K部さん「おぉ、瀬戸、何してんの?」
僕    「漫画のママ読んでました。」

K部さん「ああ、あの

      最後結婚するヤツか!!」 

ハ、ハラスメーントゥ!
ハラスメーントゥ!!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

1人Hしたいんなら、そっとしといてやれよ!!
最近の記事
最近読んだ本
twitter
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

tennnyo

Author:tennnyo
好きな芸人は、ケンドーコバヤシとバナナマン。

カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。