スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書のいいところ、悪いところ

また読書するようになってきた。
そんなわけで、ブクログというのを設置することにした。

1日1冊にこだわろうとも思ったが、あまり意味がない気がする。
その理由は単純で、本によっては1日2,3冊ぐらい読めるものもあれば、50ページぐらいがやっとのものもあるからだ。
自分にとっては、自然科学や哲学はほとんど進まない。
法律の本も、ものによってはあまり進まない。
また、比較的サクサク進むビジネス書でも、カーネギーやドラッカーとかは遅くなる。
ただ、一定数は保ちたいので、1週間で5冊読むことにした。
この5冊は何でもありだから、帳尻合わせに30分ぐらいで読める新書なども加える。
(っていうか、そればっかりになるかも・・・。)

ただ、ここで勘違いしたくないのは、サクサク読めるものの中にも価値が大きいものがあることだ。
たとえば、本田直之さんの「レバレッジ○○」シリーズはサクサク読めるけど、何回も読む価値があると思う。

あと、本を読んでいると賢くなった気がするけど、そんなことはありえない。
そう言えば、ショーペンハウエルの本には「読書ばっかりしているとアホになる。」と書いてあった。
それを読んだ時は何となく腹が立ったが、今はそれも納得できる。
本は誰かの考えが書いてあるものだから、読んでいる間はただそれをトレースしているにすぎない。
それを実践することによって初めて意味ができるわけだ。

別にパクリでも全く構わないと思う。
どうせパクリきれるわけではなく、自分の色がどこかしら出てしまうからだ。
パクリ方がオリジナルなら十分だろう。
(もちろんクリエイティブな仕事の人は別だろうけどね。)
釣りのやり方を教えてもらってそれが釣れそうな方法だと思ったら、まずはパクるのが一番である。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近の記事
最近読んだ本
twitter
最近のコメント
月別アーカイブ
プロフィール

tennnyo

Author:tennnyo
好きな芸人は、ケンドーコバヤシとバナナマン。

カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。